Omiai サクラ

Omiaiにサクラはいる?業者女性の見分け方と回避術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

真剣に女性との出会いを求めて、Omiaiというマッチングアプリはどうかな?と調べていると、結構サクラがいる?などの情報をチラホラ見かけて、サクラがいるのならやめておこうと思われていませんか。

ちょっと待ってください。結論から言いますとOmiaiにはサクラはいません。っていうか、Omiai以外でも認知度が高いマッチングアプリにはサクラはいないと断言できます。

というわけで、このページでは、Omiaiにサクラがいない理由をはじめ、サクラに似ている成りすまし業者とその被害事例などを詳しく説明していますので、ぜひ知っておいてください。

マッチングアプリOmiaiには100%サクラはいません

はじめに、マッチングアプリにおけるサクラの意味とOmiaiにはサクラが100%いない理由をお伝えしますね。

サクラとはアプリの運営者に雇われたバイトのこと

一般的には、新規オープンした飲食店などの前に行列を成して並んでいる人たちが、サクラと呼ばれています。

そのサクラ達は、周囲から人気店と思わせるよう宣伝効果を狙って、店主に雇われてバイトの仕事として店先に並んでいるわけですね。

というわけで、マッチングアプリOmiaのサクラと言えば、多くの会員がいて人気があるように宣伝するために、アプリ運営者に雇われたバイトということになります。

しかし、これからお伝えする2つの理由から、Omiaiには100%サクラはいないと断言できます。

【理由①】累計500万人以上の会員がいるから

Omiaiを運営している株式会社ネットマーケティングからの公式発表では、2019年12月時点で、累計会員数は500万人となっています。

その男女比は不明ですが、2019年10月時点の15~64歳人口は、約7507万2千人ですので、500万人といえば、その15分の1になります。

ということは、マッチングアプリOmiai単体の会員数が、全国の該当年齢人口の15分の1もいるわけですから、わざわざサクラを雇う必要が全くありませんよね。

【理由②】ヤラセ商法は時代遅れで逆効果だから

ネットが普及して20年以上経過した2020年時点では、ネット利用者の目や知識は、非常に肥えていて、サクラを使ったヤラセ商法の宣伝効果は、ほとんどないと言われています。

むしろその効果は逆で、サクラを雇っているアプリは、いくら巧妙に隠していてもすぐにバレてしまい、ネット上では悪い口コミや噂が広まります。

そして、大多数のネット利用者から信頼を得られなくなるので、サクラは逆効果であり結果的に新規会員を増やしづらくなってしまうからです。

サクラではなく成りすまし業者はいます

ここまでは、サクラの意味とOmiaiにサクラがいない理由を説明しましたが、実はサクラとよく似た成りすまし業者はいます。

成りすまし業者とは、アプリ運営者を欺き一般会員に成りすまして、婚活や恋活、出会いなど以外を目的としている人のことです。

Omiai運営者は、犯罪データなどを持っている公的機関ではありませんので、会員登録時に提出する身分証明書だけでは、他のアプリ会員に悪影響を与える人物かどうかは判断できません。

その盲点を付いて、出会い系サイトのように、女性は業者ばかりという状態ではありませんが、私の推測では、Omiaiには数%ほど成りすまし業者がいると思われます。

Omiaiにもいる業者女性の見分け方

ということで、前項目でその可能性に言及した成りすまし業者について、その特徴を踏まえることで、真面目な一般女性との見分け方をお伝えしますね。

【特徴①】プロフィールの写真がケバ過ぎる

多くの男性が興味がある下記6つのどれか1つまたは複数当てはまる女性は、業者である可能性がかなり高いと言えます。

❶異常に目が大きくて二重
❷アイシャドウなど化粧が濃い
❸超スリムなウエストが見える
❹服の上から胸の大きさが分かる
❺細い脚が強調されている
❻服装やヘアスタイルがゴージャス

またスタジオ撮りされていたり、スマホが映り込んでいる自撮り写真や男性を誘っているような仕草や表情をプロフィールに載せている女性も、ほぼ業者と判断していいでしょう。

【特徴②】いきなり「いいね」が送られてくる

多くのマッチングアプリがそうであるように、Omiaiも「いいね」を送ってお返しに「ありがとう」を送ることで、マッチングが成立して、はじめてメッセージやり取りができるシステムになっています。

通常ほとんどのケースでは、はじめに男性から「いいね」を送って、それに気づいた女性が男性のプロフィールを確認して「ありがとう」を送ることでマッチングします。

無論全員ではありませんが、先に「いいね」を送ってくる女性は、余程あなたがイケメンでない限り、業者の可能性が高いでしょう。

特に、プロフィールを非公開にしていて足跡を付けずに、いきなり「いいね」をしてくる綺麗で色っぽい女性は、私の経験では、ほぼ100%業者と言っても過言ではありません。

「いいね」を先に送ってくる理由は、とにかくメッセージやり取りをしないと、後で詳しく説明しますが、ある目的を達成できないからです。

【特徴③】メッセージの文脈に違和感がある

業者側の都合なのでよく分かりませんが、多分人件費が安い外国人が成りすまして、Omiaiを利用しているようです。そうしないと業者活動しても利益が出ないのでしょうね。

そのため翻訳アプリを利用しているようで、業者から送られてくるメッセージの文脈や日本語が変になっているケースがよくあります。

一般会員による変換ミスと考えられなくもありませんが、メッセージ1通で何度も日本語がおかしかったり、一般の日本人が使わないような日本語が散見できるようなら、業者と判断していいでしょう。

成りすまし業者の目的=ほぼお金

では、なぜそのような成りすまし業者がOmiaiにいるのでしょうか?もう多くの人は想像されていると思いますが、業者の目的はズバリお金です。

男女の出会いであるマッチングアプリでは、当然ですが、食事やお酒、アプリ料金などで男性の方がお金を支払う場面が多いですよね。

ということは、業者側からすると、Omiaiを利用している男性は、ある程度お金を持ち合わせていると判断もできますよね。

そのお金を狙って、次項目でお伝え予定のように、あれやこれやと手の込んだ仕掛けで、業者は男性からお金を奪おうと企んでいるわけですね。

因みに、ネット上では、サクラも成りすまし業者もほぼ同じ意味で扱われているので、以降は成りすまし業者のことをサクラ業者という言葉に置き換えてお伝えしていきますね。

サクラ業者が起こす被害事例

この項目では、実際にマッチングアプリで私が体験したサクラ業者による未遂被害の事例と、Omiaiで仲良くなった女性から聞いた被害事例を挙げています。

【事例①】ネットワークビジネスの勧誘

マッチングアプリではごく普通にある男女間のメッセージだったのですが、待ち合わせをして、一通りの会話をした後に、ネットワークビジネスなどの投資を勧誘される被害事例があります。

ネットワークビジネスは違法ではないのですが、普段から儲け話にアンテナを張っていない人がやり始めてもぼほ儲かることはありません。

何故ならば、ネットワークビジネスは最初にやり始めた一部の人たちしか儲からないパターンがほとんどだからです。

よって、マッチングアプリを通じてネットワークビジネスを知った時点で、その一部の人にはなれないので、参加すると数十万円の商品を買わされておしまいです。

【事例②】メールアドレス等の個人情報収集

マッチングアプリでメッセージやり取りしている最中に、着信に気付きにくいからとか、アプリはパケット量が多いからなどの理由で「メールアドレスを交換しませんか?」と言ってくる業者もいます。

その目的は、はじめのメールやり取りでは最もらしいことを伝えてきますが、結局は上記【事例③】の高額有料サイトへの誘導URLを送り付けるためです。

無論URLをタップすると、【事例③】と同様な被害に遭う可能性があるのは言うまでもありません。

【事例③】他の高額有料サイトへの誘導

マッチングアプリ内で、異性とメッセージやり取りしている途中に、スマホを買い換えるなどの理由で、とりあえずこのサイトやSNSなら大丈夫なのでと、URLを送ってくる業者がいます。

そのURLをタップすると、いきなり会員登録扱いされて、数万円~数十万円の会員料金を請求されるという被害に見舞われます。

その際に、スマホ情報を取得されてしまっていますので、個人情報も把握しているかのような文面で、何度も請求してくるので、詐欺手口を知らない人はビビって支払ってしまう被害があるようです。

【事例④】婚活会員を騙すロマンス詐欺

まずは、海外居住らしき相手からいいねが届き、プロフィールを確認すると、イケメンの高年収でとてもいい感じなので、マッチングしてメッセージやり取りをはじめます。

メッセージの言葉もすごく丁寧で、穏やかに優しく、時には情熱的な表現をされ、まさに結婚相手に相応しいとお互いに燃え上がります。そして結婚のために、日本に行く段取りになります。

しかし、その段階になって、丁度仕事で新しい事業を展開中であまり資金がないので、ファーストクラスのエアチケット代を銀行口座に振り込んで欲しいと頼まれます。

結婚に舞い上がって冷静な判断ができない人や海外事情に詳しくない人は、まだ会ったこともない相手にお金を要求するこんな違和感満載な詐欺にも引っ掛かってしまうようですね。

【事例⑤】風俗店へのスカウト

この被害事例は女性限定なのですが、男性とマッチング→メッセージやり取り→お互いに意気投合→待ち合わせは、順調に進みます。

そして、会ってからの会話もすごく楽しくてとても好印象です。しかし途中から今の給料や生活費の話題になり、実は高額なアルバイトを知っていると言われます。

その詳しい仕事内容を聞くと、はじめは男性との話相手などとあやふやなことを言いますが、結局は、風俗嬢のスカウトだったという男性業者もいるらしいです。

男性がサクラ被害に遭わないためのToDoリスト

最後に、マッチングアプリで男性がサクラ被害に遭わないためにやるべき事をリスト化してみましたので、ぜひ覚えておいてください。

リスト❶ アイラインが濃い芸能人風女性は相手にしない
リスト❷ 文脈が変なメッセージの女性とはやり取りをやめる
リスト❸ メッセージに書かれているURLはタップしない
リスト❹ メールやり取りは取り敢えずは捨てメールでする
リスト❺ 待ち合わせでは軽くお茶だけと伝えておく

サクラ業者だったら小1時間程度で解散する口実になる
リスト❻ 女性の身分を知るまでは絶対に身元を明かさない

私は1ヶ月半で20人程度の女性と待ち合わせしましたが、上記リスト6つを忠実に実行していたので、全くサクラ業者との出会いや被害に遭遇することはありませんでした。

まとめ

今日は、Omiaiにサクラがいない理由とサクラに似ている成りすまし業者とその被害事例、それにサクラ業者を見分ける方法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

本当はサクラだけでなく一般会員に成りすました業者も撲滅できればいいのですが、そんなことは、将来的にも不可能と思われます。

なので、このページ内容を参考にされて、サクラ業者との関わりを少なくし、スムーズに婚活できるよう知識を得ておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出会いマスター

出会いマスター

出会い系歴10年以上で100人を軽く超える女性と楽しい時間を共有してきた経験を持つ自称「出会いマスター」です。マッチングアプリを通じて少しでも多くの男女に楽しくて刺激的な時間を過ごして頂きたく包み隠さず正直な出会い情報を発信中です。