マリッシュ 危険人物

マリッシュ 危険人物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

婚活や恋活をしてみようと、マッチングアプリのマリッシュに興味を持ったものの、女性の中には危険人物もいるとの情報を見て「それってどんな女性?」と思われていますよね。

そこで、このページでは、2ヶ月以上毎日マリッシュをやっている私から、具体的な危険人物像と相手にすると遭う被害内容、それに危険人物を見分けられる方法などを説明しています。

このページを読まれた後、あなたは危険人物を避けながらスムーズに婚活や恋活ができるようになっているでしょう。

目次を見る

婚活アプリ「マリッシュ」にもこんな危険人物がいた

まずは、私が毎日2ヶ月以上マリッシュをやってみて危険と感じた婚活や恋活が目的でないと思われる女性の人物像3つを挙げますね。

【人物像①】お金目的のいわゆる業者

多くの人はやっぱりと思われると思いますが、マリッシュにいる危険人物で最も多いのが、あなたのお金を狙っているいわゆる業者になります。ここでは主な業者手口4つを説明しておきますね。

手口❶/金持ち風女性の国際ロマンス詐欺

まずは、海外居住らしきセレブ風女性から足跡やいいねがあり、プロフィールを確認すると、超美人の高年収でとてもいい感じなので、マッチングしてメッセージやり取りをはじめます。

メッセージの言葉もすごく丁寧で穏やかに優しく時には情熱的であり、まさに結婚相手に相応しいとお互いに燃え上がります。そして結婚のため日本に行く段取りになります。

しかしその段階になって、丁度仕事で新しい事業を展開中であまり資金がないので、ファーストクラスのエアチケット代を銀行口座に振り込んで欲しいと頼まれます。

結婚に舞い上がって冷静な判断ができない人や海外事情に詳しくない人は、まだ会ったこともない相手にお金を要求するこんな違和感満載な詐欺にも引っ掛かってしまうようですね。

手口❷/ネットワークビジネスの投資勧誘

マッチングアプリ内ではごく普通にある男女間のメッセージだったのですが、待ち合わせをして一通りの会話をした後に、ネットワークビジネスなどの投資を勧誘される業者事例があります。

ネットワークビジネスは違法ではないのですが、普段から儲け話にアンテナを張っていない人がやり始めてもぼほ儲かることはありません。

何故ならば、ネットワークビジネスは最初にやり始めた一部の人たちしか儲からないパターンがほとんどだからです。

よって、マッチングアプリを通じてネットワークビジネスを知った時点で、その一部の人にはなれないので、参加すると数十万円の商品などを買わされてお仕舞いです。

手口❸/他の高額有料サイトへの誘導

マッチングアプリ内でメッセージやり取りしている途中に、スマホを買い換えるなどの理由でとりあえずこのサイトやSNSなら連絡が取れるのでと、URLを送ってくる危険人物がいます。

そのURLをタップすると、いきなり会員登録扱いされて数万円~数十万円の登録料を請求されるという被害に見舞われます。

URLへのアクセス時点でスマホ情報を取得されていますので、個人情報も把握しているかのような文面で何度も請求してくるので、その事情を知らない人はビビってお金を支払って被害に遭います。

手口❹/ラインやインスタ等でブログへ誘導

マッチングアプリのメッセージやり取りを数回した後に、このアプリは使いにくいなどの理由で、メールやライン交換、インスタのフォローを促してきます。

我々男性としては「これは脈があるな!」と思い、それに応じて連絡先交換すると、しばらくは真面目で刺激的な出会いを期待させるやり取りが続きます。

しかし、待ち合わせの話題になったあたりから「ラインやメールの調子が悪いからと普段使いしているブログでやり取りしましょう!」と登録を求められます。

ここに登録してしまったら業者の手口にハマってしまいます。後から高額な登録料を請求されることはほぼ間違いないでしょう。

【人物像②】プロフィール写真が別人/盛り過ぎ

ただチヤホヤされたくて男性からより多くのいいね!をされようと、下記のようにプロフィール写真を偽装したり過度な加工をしている危険人物もいます。

・セレブ風メイクで目元パッチリ
・超スリムで巨乳のモデル体型
・高画質でキメ細かいツルツル肌
・ほっそり脚と引き締まった足首
・アイドル風仕草で男性を誘う

どのプロフィール写真も男性であれば、思わずいいね!をしてしまういわゆる「いい女写り」ばかりで、中には別人女性であることも珍しくはないでしょう。

そもそもそんないい女なら、実生活で男性から多数声が掛かっているはずですので、マッチングアプリに興味を持つことはあまりないため、架空人物の可能性もあります。

因みに、この写真詐欺はスマホで簡単にできるので、より多くの男性からアプローチされようと、前出の業者系危険人物の多くがやっています。

【人物像③】メッセージのみで出会わない系

普通マリッシュを始める主な目的は婚活と恋活ですよね。つまり顔を合わせてのリアルな男女の出会いが目的になります。

しかし約2ヶ月毎日マリッシュをやってみて私が実感したことは、どうやらメッセージやり取りだけが目的で、実際の出会いに興味がない又は出会えない危険人物が結構いるようです。

その危険人物達とのメッセージやり取りを振り返ってみると、下記のような女性ではと思われる節が顕著にみられました。

・実は既婚者で会う勇気がない
・返信内容が?の不思議ちゃん
・突然毒を吐き始めるメンヘラ
・寂しがり屋の暇つぶし
・息抜きでやっている既婚者

大抵の場合は、散々メッセージやり取りに付き合わされたうえに、待ち合わせの話題になると一旦了承した後に、その日が近づくと突然ブロックされます。

女性の約3~9%は危険人物の可能性あり

私がマリッシュを2ヶ月以上毎日3時間以上かけて年代別に女性プロフィールを検索して分かった危険人物の割合を表にしてみました。

女性の年齢層 危険人物の割合
20代以下 約5%
30代 約8%
40代 約9%
50代以上 約3%

やはりシンママやシンパパ、再婚希望者は多いマリッシュでは、危険人物の割合も30代~40代に多い印象がありました。

【因み情報】男性にも危険人物がいるらしい

私はマリッシュで21人以上の女性とデートして多くのお話を聞いてきましたが、男性にも金銭目的の業者や数十年前の写真を載せたりする写真詐欺の危険人物はいるとのことでした。

またマッチングしてから2週間も経っているのに、一度もデートに誘わずにダラダラとメッセージを繰り返す男性も結構多いと言われていました。

さらにデート中に「実は結婚している」と言われて、それでも付き合って欲しいという非常識な男性もいるとも…。無論そんな男性は即刻お断りされたようですが…。

危険人物を相手にするとこんな被害に遭います

次に、マリッシュで出会った女性から聞いたケースと私が実際に経験した危険人物による被害の事例を挙げてみました。

【被害①】数百万円以上搾取されることも

実際にマリッシュでデートできた女性から聞けたのですが、とても真摯な男性でメッセージだけでなく通話などでも仲良くなって、意気投合して結婚の約束までされたらしいです。

その後、病気がちな子供とも電話で話をするような関係になり、深刻な病魔との戦いを知らされて、その治療費で父親を苦労させていることで悩んでいることを告白されます。

そんな心優しい子供の気持ちを汲んで、もう結婚するのだからと、今度の手術で必要になる治療費を数回に分けて、合計数百万円を口座に振り込んだとのことでした。

すると、突然ラインはブロックされたうえに何度電話しても連絡がつかなくなって、そのまま逃げられたとのことでした。その後警察に被害届を出したが、もう手遅れだったようです。

【被害②】顔を合わせた瞬間の落胆感

私はマリッシュで女性21人以上と待ち合わせしたことがあるのですが、その約半数はプロフィール写真よりか落胆まで行かなくても若干期待はずれでした。

今の写真加工アプリは無料でもかなり見栄え良くなるので、これは仕方がないと思っています。

しかし2人ほどでしたが、随分プロフィール写真とはイメージが異なる女性がいました。本人だと言われればそうかもしれませんが、「もうほぼ別人だな」と落胆しました。

無論そんな心の叫びを本人には言っていませんが、内心ではかなりテンションが下がってその後のお茶した時間が辛く長く感じたのは言うまでもありません。

【被害③】無駄に終わった膨大な時間

これも私の経験なのですが、なぜかメッセージ反応が良くて1週間以上かけて徐々に距離が縮まり親密な間柄になって、ある女性とデートの約束まで辿り着けました。

しかし上記スクショのように、デート前日になって突然キャンセルになってしまうことは結構な確率であります。

こういった出会わない系危険女性にアプローチしてしまうと、あんなに意気投合して楽しかった時が虚しく感じて、結果的に無意味な時間を費やすことになります。

誰でもできるマリッシュに潜む危険人物の見分け方

ここでは、マリッシュを実際にやってみた私が気付いた危険人物の特徴を踏まえて、その見分け方とその後のおすすめ対策をお伝えしますね。

【特徴①】プロフィール写真がモデルやアイドル風

男性ってどうしても可愛い女性や色っぽい女性には興味を持ってしまい、いいね!をしてしまいがちですよね。

危険人物は、その男性心理を利用してターゲットである男性からのアプローチをより多く集めようしています。

その結果、危険人物のプロフィール写真は、他の一般女性会員よりもモデルやアイドル風になっている傾向がかなりあります。

もしもマリッシュでそのようなプロフィール写真の女性を見つけたら、まずは「危険人物かも?」と警戒するようにしましょう。

【特徴②】ニックネームが英語名

・Anny
・Byul
・Otta
・Nigo
・Jenny
・Nikini

マリッシュは日本生まれの日本育ちのマッチングアプリで、実際の出会いの場も日本国内を想定したサービスになっています。そのため外国人風のニックネームをすごく目立ます。

そして日本人男性には、外国人女性とのお付き合いに憧れを抱いている人が多いですよね。

そんな日本人男性独特の感情を悪用している一部の女性が、ニックネームを英語にして獲物である男性を待ち構えている危険人物になります。

もちろん全ての外国人や英語のニックネーム女性が危険人物であるというわけではありませんが、警戒しておいて損はありません。

【特徴③】職種が自由業か経営者役員

よく考えて頂きたいのですが、真面目な一般女性の職業が自由業または経営者役員である確率ってかなり低いですよね。

またどちらかといえば高収入になるその職業に就いている女性が、一般庶民男性が多いマリッシュを利用する意味ってあまり無いように感じますよね。

それもそのはずです。なぜならばこれも余裕がある女性に憧れる男性の下心を巧みに利用しようと危険人物が行なっている手口の1つだからです。

【特徴④】話せる言語に中国語や英語がある

前出の特徴②と同様の理由で、話せる言語に日本語以外があるプロフィール女性も危険人物の可能性が高いと思われます。

ただし、日本人女性でも大学や職場の環境によって外国語に精通している人もいますので、その場合は危険人物の可能性は低いでしょう。

【特徴⑤】メッセージ数回での早急なライン交換

マリッシュで2回~5回程度のメッセージやり取りだけでライン交換を希望している女性は、ほぼ業者系危険人物と判断していいと思います。

その理由は詐欺を働いている証拠をマリッシュ運営者に通報されたくないからです。通報されてしまうと退会になってもう詐欺行為ができなくなってしまいますからね。

その点、やり取りをラインに移行しておけば仮にマリッシュ運営者に通報されても、それは私ではありませんっていえば容易く逃れられますからね。

因みに、危険人物でない一般女性であれば、通常待ち合わせ日時や場所から決まってからライン交換という流れになります。

おすすめの危険人物対策は非表示かブロック

上記5つの特徴で危険人物を見つけたらキチンと対策しておきましょう。その対策とは、少しでもその気配を感じたら、迷わずその女性を非表示かブロックすることです。

もしもそれを怠って無視やスルーだけだと、再び足跡があった際に、また無駄になるプロフィール確認する手間が掛かります。

またその危険人物が、仮にプロフィールをより素人風に変更していたら、いいね!をしてしまって、被害に遭う可能性もなくはありませんからね。

ということで、とにかく怪しいと思しきプロフィールをもう2度と閲覧できないようにすることが、最善の危険人物対策です。

マリッシュは中年男性には超おすすめのマッチングアプリ

最後に、40代の私が2ヶ月以上毎日マリッシュを使ってみて感じた同世代の中年男性なら、強くおすすめできる理由3つを挙げておきますね。

40代の同世代女性が飛び抜けて多かった

マッチングアプリとなると、どうしても20代~30代のネット世代の会員が多くなるのですが、マリッシュにはそんな若い世代よりも40代の女性会員のほうが確実に多くいます。

これは、私が年齢別にプロフィール検索して表示された人数を徹底的に比較して調べてみたので間違いありません。

無論、それはマリッシュ運営者が他のマッチングアプリとの差別化を図って、40代以上を主なターゲットを絞って宣伝している効果に他なりません。

自分と同じ世代の女性会員が多いか少ないかによって、良い出会いの確率は劇的に変わってくるので、マリッシュは特に中年男性にオススメのマッチングアプリといえます。

ちなみに

10歳以上若い女性は諦めよう

同じ中年男性としてお気持ちはよく分かりますが、マッチングアプリでは自分よりも10歳以上若い女性との真面目な出会いは諦めてください。
仮に10歳以上若い女性とマッチングできたとしても、私の経験では、99%はいわゆる業者系危険人物で、高額なSNSへの誘導や暗号資産への投資話などの詐欺危険が高まるだけです。

他のマッチングアプリより多く出会えた

エッチ相手メインの出会い系サイトを除き、会員数が多いマッチングアプリは下記のトップ3になります。因みにマリッシュの会員数は100万人です。

アプリ名 会員数
ペアーズ 約1000万人
タップル 約600万人
Omiai 約500万人

私は上記3つのマッチングアプリを使った経験があるのですが、下表のように1ヶ月で出会えた人数は、会員数が最も少ないにも関わらずマリッシュが一番多かったのでおすすめしているのです。

アプリ名 出会えた人数
マリッシュ 21人
ペアーズ 11人
Omiai 10人
タップル 5人

出会いに対して純粋な想いの女性が多かった

前出3つの会員数が多い大手マッチングアプリでは、メッセージやり取り中や実際に顔を合わせた際に、下記のことを質問される女性が約30%~60%いました。

・年収について
・会社の規模
・両親の健在と住まい
・長男か否か
・出身大学名

その点、マリッシュではそんな男性を品定めするような話は、待ち合わせできた女性21人中1人、つまり約4.7%しかいませんでした。

そんな損得話よりも趣味や好きな食べ物、休日の過ごし方などの話をされる女性ばかりで、純粋に好きになれる男性を探している女性が多いので、おすすめしているわけです。

確かに年収や親との同居有無も大切ですが、それよりもまずはお互いにとって居心地がいいかどうかが、結婚には最も大切ですからね。

まとめ

このページでは、マリッシュにいる具体的な危険人物像とその被害内容、危険人物を見分けられる方法、中年男性にはマリッシュを特にお勧めする理由をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

危険人物さえ相手にしなければ、本当にマリッシュはあなたに素敵な出会いを届けてくれるおすすめのマッチングアプリですので、安心してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出会いマスター

出会いマスター

出会い系歴10年以上で100人を軽く超える女性と楽しい時間を共有してきた経験を持つ自称「出会いマスター」です。マッチングアプリを通じて少しでも多くの男女に楽しくて刺激的な時間を過ごして頂きたく包み隠さず正直な出会い情報を発信中です。