出会い系アプリ サクラ

実際に騙された私が教える出会い系アプリのサクラの実態と見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「出会い系アプリで新たな女性との出会いを!」と思ってはみたものの、女性はサクラばかりなどの情報を目にして「本当かな?サクラって具体的には?」と気になっているのではありませんか。

因みは、私はサクラみたいな女性にアプリ内で度々遭遇しますし、業者に騙された経験もありますので、どの出会い系アプリにもサクラや業者はいるでしょう。

というわけで、サクラと業者の違いと出会いアプリに潜むサクラの正体、そのタイプや特徴、それにサクラに関連するデメリットなどをお伝えしていますので、参考にしてください。

目次を見る

出会い系アプリに蔓延るサクラの最新手口を公開

まずは、私が出会い系アプリで見掛けたサクラを彷彿される最新の詐欺手口3つをお伝えします。

【手口①】金持ち風女性の国際ロマンス詐欺

まずは、海外居住らしきセレブ風女性からいいねが届き、プロフィールを確認すると、超美人の高年収でとてもいい感じなので、マッチングしてメッセージやり取りをはじめます。

メッセージの言葉もすごく丁寧で、穏やかに優しく、時には情熱的な表現をされ、まさに結婚相手に相応しいとお互いに燃え上がります。そして結婚のために、日本に行く段取りになります。

しかし、その段階になって、丁度仕事で新しい事業を展開中であまり資金がないので、ファーストクラスのエアチケット代を銀行口座に振り込んで欲しいと頼まれます。

結婚に舞い上がって冷静な判断ができない人や海外事情に詳しくない人は、まだ会ったこともない相手にお金を要求するこんな違和感満載な詐欺にも引っ掛かってしまうようですね。

【手口②】ネットワークビジネスの投資勧誘

マッチングアプリではごく普通にある男女間のメッセージだったのですが、待ち合わせをして、一通りの会話をした後に、ネットワークビジネスなどの投資を勧誘される被害事例があります。

ネットワークビジネスは違法ではないのですが、普段から儲け話にアンテナを張っていない人がやり始めてもぼほ儲かることはありません。

何故ならば、ネットワークビジネスは最初にやり始めた一部の人たちしか儲からないパターンがほとんどだからです。

よって、マッチングアプリを通じてネットワークビジネスを知った時点で、その一部の人にはなれないので、参加すると数十万円の商品を買わされておしまいです。

【手口③】他の高額有料サイトへの誘導

マッチングアプリ内で、異性とメッセージやり取りしている途中に、スマホを買い換えるなどの理由で、とりあえずこのサイトやSNSなら大丈夫なのでと、URLを送ってくる女性がいます。

そのURLをタップすると、いきなり会員登録扱いされて、数万円~数十万円の会員料金を請求されるという被害に見舞われます。

その際に、スマホ情報を取得されてしまっていますので、個人情報も把握しているかのような文面で、何度も請求してくるので、詐欺手口を知らない人はビビって支払ってしまう被害があるようです。

実はサクラと業者の違いには大きな違いがあります

次に、出会い系アプリの女性に多いと言われている「サクラ」と「業者」の違いからお伝えしますね。

出会い系アプリ運営者との関わりの有無

サクラとは、出会い系アプリ運営者が用意した女性が多いように成りすまして、男性に多数メール送信させることでポイント購入されるために雇われているバイトのことです。

一方、業者とは、風俗業者の担当者が、アプリ運営者とは無関係に、一般女性に成りすまして会員登録し、男性と待ち合わせをしてホテルデートの見返りに、お金を要求する女性のことです。

このように、まずは両者の大きな違いには、出会い系アプリ運営者との関わりの有無があります。

「会える」 or 「会えない」の違い

サクラは決して男性と会うことはいたしません。何故ならば、男性にポイントを購入されることで、時給を得ているから会う必要が全くないからです。

しかし、アプリ運営者と無関係な業者は、男性と会ってラブホテルでセックスしなければ、1円の収入にもなりません。

よって、サクラは絶対に会えない、業者は金額さえ一致すれば誰でも会えるという違いがあります。

業者は多いがサクラはいないと言われている

このように、サクラと業者には明確な違いがあるのですが、ネット口コミなどでは、この両者を混同して同じと認識されているようです。

というわけで、「この出会い系アプリの女性はサクラばかり!」などの情報を見たら、「業者のことを言っているんだな」と認識しましょう。

つまり、ネット情報を鑑みると、出会い系アプリにはサクラはほぼいないが、業者はたくさんいるということになります。

出会い系アプリにサクラは本当にいないのか?

しかし、本当に出会い系アプリにサクラはいないのだろうか?と、ちょっとまだ疑心暗鬼ですよね。そこで、さらに詳しくその真偽についてお伝えしますね。

サクラとは雇われたバイトのこと

サクラとは、一般的には飲食店の店主などに雇われているバイトになりますが、主な仕事内容は、店先に並んで行列を作ることです。

その行列目的は、いかにも「人気店だよ!美味しいよ!」と過大に周知させ、釣られ効果で来客数を増やし売上アップさせることです。

出会い系アプリの場合だと、サクラはアプリ運営者に雇われたバイトのことになります。その目的は、実際よりも女性会員数が多いと偽って、人気アプリと勘違いされることで、男性会員の獲得になります。

アプリ運営者に雇われたサクラはほぼいない

現時点で、ネット上で多くの情報がある有名な出会い系アプリには、アプリ運営者に雇われているサクラは、ほぼいません。

何故ならば、出会い系アプリ業界は先行参入している大手数社の独占状態で、他社が新規参入しても利益が見込めないため、自由競争の原理が作用していないからです。

つまり、既に多くの女性会員を獲得している大手出会い系アプリは、わざわざ人気があると装う必要がないので、サクラはいないと断言できます。

しかし、ネット上では「出会い系アプリはサクラばかりでダメだ」との情報が溢れていますよね。というわけで、そのような矛盾する情報がネットに多数ある理由を説明しますね。

【理由】広い意味で「サクラ=成りすまし」だから

店主に雇われて行列を作っているサクラは、別の見方をすれば、一般客に成りすましているとも言えますよね。

そのため、厳密には雇われているバイトをサクラと言うのですが、世間的には広い意味で「成りすまし=サクラ」と認識されていますよね。

そして、実はその成りすましをしている人たちは、ある目的のため、大手出会い系アプリにも数え切れないほどの人数がいるので、サクラばかりの情報が無数あるわけですね。

ということで、以降は男性の淡い気持ちを踏みにじる成りすましをしている人全てをサクラと定義したうえで説明していきますね。

出会い系アプリには5つのサクラタイプがいる

出会い系アプリでサクラ行為をしている人たちの目的には、主に「お金」とネットだけの「繋がり」の2つがあると言われています。

そこで、次に、その2つの目的をを踏まえつつ、出会い系アプリにいるサクラをタイプ分けしてみましたのでご覧ください。

【お金タイプ①】短時間でお金を狙う「業者」

出会い系アプリに最も多いサクラのタイプが業者になります。その実態は売れないデリヘル嬢の場合がほとんどになります。

このサクラと待ち合わせをすると、プロフィール写真とは似て似つかない別人女性がやってきて、半ば強引にラブホテルに連れて行かれそうになります。

無論ほとんどの場合、女性の外見はポッチャリ体型で、顔も可愛くなく、愛嬌も女性らしい仕草も皆無です。

下半身の諸事情で、私は一度だけ業者とラブホに行ったことあるのですが、1時間足らずの射精だけの虚しいエッチで終了させられました。

【お金タイプ②】エッチも楽しみたい「割り切り」

普段は主婦やシングルマザー、OL、パートなどとして一般的な生活をされているのですが、生活費が足りないために、出会い系アプリを利用している女性が割り切りになります。

100%お金のためにという割り切り女性がいる一方で、生活費を稼ぐついてに、気持ちを割り切ってエッチも楽しもうとしている女性も意外といます。

そのため、あなたがタイプだったり、エッチの相性が合うようなら、お金は掛かってしまいますが、まるで恋人同志のような時間を過ごせることも可能です。

因みに、割り切り女性の外見は、かなり当たり外れがありますが、運が良ければ「こんな可愛らしい女性とエッチできるなんて!」と天にも登る悦びを得ることができます。

【繋がりタイプ①】出会えない系の「暇つぶし」

出会い系アプリにも関わらず、リアルな出会いを目的とせずに、ネット繋がりだけを楽しんでいる人がいます。そういった人たちが暇つぶしになります。

この暇つぶし女性は、メールやり取り自体が目的ですので、ほぼ100%待ち合わせするまでには至りません。

そのクセ、男性からの返信メールが欲しいがために、エッチな写真を添付したり、日々の寂しい思いなどを綴って、出会いを期待させる思わせ振りなメールをして来ます。

【繋がりタイプ②】メンヘラ気味の「かまってちゃん」

このサクラタイプの説明は難しいのですが、意味不明な返信メールを送ってきたり、やたらと何度も足あとを付ける女性が、かまってちゃんになります。

メールでは、全く会話のキャッチボールは成立せず、突然メルアドやラインIDなどを送り付けてくることもありますが、それに応えると、何故か既読スルーされることも多々あります。

以前、私はこのかまってちゃんを相手にしたことがあるのですが、通常よりも5倍近く、時間や手間が掛かって、かなり疲れた経験をさせられました。

【両方複合タイプ】キャッシュバッカー

ここまでは、サクラの目的である「お金」と「繋がり」に分けて、そのタイプ実態をお伝えしてきましたが、その両者を目的にしているタイプがいます。

つまり、暇つぶしをしつつも小銭を稼ごうとしている女性がいるのですが、そういったタイプはキャッシュバッカーと呼ばれています。

実は、ほとんどの出会い系アプリでは、女性の利用を促す目的で、男性が購入するポイントとは別に、女性には男性のメール送信数に応じて貯まるマイルシステムが用意されています。

そのマイル数はある程度貯まると、商品券などと交換できるようになっているため、暇つぶしと同時に、商品券をゲットしようと、メールやり取りを何度も繰り返すサクラタイプもいます。

サクラ女性に関わった人にはこんなデメリットがある

この項目では、出会い系歴10年の私が経験したサクラに関わったために被ってしまったデメリット5つを挙げてみました。

【デメリット①】風俗にすればよかったという後悔

出会い系アプリに多数いる業者や割り切りと待ち合わせをすると、きっと「だったら風俗に行けばよかった」と後悔することになるでしょう。

その理由は、待ち合わせ場所に現れる女性に性的刺激を激減されられるからです。しかも外見だけでなく、会話してもその中身にもガッカリとさせられます。

具体的には、体型はポッチャリまたはデブがほとんどで、ヘアスタイルも手入れされていない感じです。服装はスエットなどの部屋着も珍しくありません。

会話も決まっていて「私で大丈夫ですか?」「じゃ15,000円でいいですか?」などしか喋らないので、全く色気ある会話もできません。これだったらまだ風俗店に行ったほうがいいですよね。

【デメリット②】ポイント消費による無駄な出費

既にお伝えしたように、サクラの中には全くリアルな出会いに興味がない女性もいます。しかし、男性に相手にして欲しいので「仲良くなったらデートしたいですね!」などのメールをしてきます。

その言葉を鵜呑みにしてデートにこじ付けるまで相手にすると、とんでもないメール送信数になり、ポイント消費による出費が半端なく増加します。

それでもデートできればまだ達成感があるのですが、100%会えることはないので、間違いなく無駄な出費になるでしょう。

因みに、そんなサクラと知りつつ、試しに相手してみたことがあるのですが、200回メール送信して待ち合わせできませんでした。何とその出費額は1万円にもなりました。

【デメリット③】無意味なメールやり取りの時間

私のような外回り営業であれば、メール送信するために時間を割くことは、そんなに負担を感じることはありません。

しかし、束縛時間が長い内勤サラリーマンにとっては、返信内容を考えてメールする時間を割くにも結構な手間になると思います。

そんな貴重な時間を割いてメールしたにも関わらず、のらりくらりした思わせ振りなメールに終始して、結局は会えないサクラには腹立たしい思いをすることになります。

【デメリット④】有料の別サイトへ誘導される

あまり遭遇することはないのですが、稀にメールやり取りが出会いに向けて、トントン拍子に進んで、スムーズに女性と連絡先交換ができることがあります。

「よし!この女性とは待ち合わせできそうだ!」とウキウキして、メルアドを交換を済ませると、SNSと思われるURLが添付されて「こちらで連絡を取り合いましょう」とEメールが届きます。

よくわからないけど連絡が取り合えるのならと、そのURLにアクセスすると、勝手に有料会員登録されたうえに、高額請求される羽目になります。

因みに、このような承諾なしの会員登録は無効ですので、高額請求されても無視して全く問題ありません。

出会い系アプリにいるサクラの5大特徴

サクラの中でもお金目的にしている女性には、下記でお伝えしている5つの特徴が顕著に表れているので、サクラが苦手な男性は、見分け方の参考にしてください。

では、お金目的のサクラ業者が多いことで知られているハッピーメールという出会い系アプリを例にして特徴を説明して行きますね。

因みに、ネット繋がりを目的にしているサクラの特徴は、素人女性とよく似ているので、数回メールやり取りして確かめない限り見分けはできません。

【特徴①】掲示板に投稿している

掲示板とは、アプリ内で異性に対して、何らかの募集や呼びかけをするページになります。無論女性が掲示板に投稿すれば、その内容は全ての男性会員が見ることができますし、そのことは女性も承知しています。

つまり、女性が掲示板に投稿しているということは、見ず知らずの不特定多数の男性に、何らかの相手募集をしているということになります。

ハッピーメールは出会い系アプリなので、もちろん出会い相手の募集がメインになりますが、そんな非常識なことをする女性と言えば、ホテルデートの見返りにお金を得ようと企んでいるサクラしかあり得ませんよね。

【特徴②】高画質で顔全体写真を掲載している

サクラ女性は可愛く修正された別人女性の顔写真を使用しているので、顔がバッチリ写っている高画質の写真でも、ためらわずに堂々とアプリ上で公開しています。

一方、素人女性は、家族や恋人、友人などにハッピーメールを使用していることは絶対に知られたくないで、ほとんどの人は顔写真を掲載していません。

因みに、サクラでない女性が稀に顔写真を掲載していることもありますが、その場合はイラストで目元を隠したり、斜め後ろからの顔写真だったりと、決して本人と分からないように工夫してあります。

【特徴③】プロフィールに特定の言葉5つを書いている

プロフィールには、自己紹介という欄があって、そこには自由に言葉を記入できるようになっています。その記入欄に下記に該当する特定の言葉がある女性は、まずサクラと思って間違いないでしょう。

特定の言葉5つ

①具体的な女性らしい職業名
②自分の容姿について言及
③女子力アピールの言葉
④寂しさを表しているの言葉
⑤男女関係を匂わす言葉

その理由は、どれも肉体関係や待ち合わせ前提の言葉とも捉えることができるからです。一般の素人女性は、仮に欲求不満でも絶対にこのような言葉をプロフィールに明記しませんよね。

【特徴④】「興味があること」に「大人の交際」がある

プロフィールには、「興味があること」という欄があり、下記38個の選択肢から複数選べるようになっています。

・遊び友達
・趣味友達
・恋人
・婚活
・悩み相談
・合コン
・お茶したい
・グルメ/飲み友達
・ドライブ
・車/バイク
・写メ/ムービー交換
・写真/ビデオ撮影
・メル友
・テレ友
・おしゃれ
・料理
・映画
・音楽
・アウトドア
・マンガ/読書
・インターネット
・株式投資
・健康/フィットネス
・語学
・園芸/手芸
・ゲーム
・スポーツ
・カラオケ
・ギャンブル
・コスプレ
大人の交際
・メールH
・テレH
・SMパートナー
・3P/スワッピング
・同性愛
・変態プレー
・アダルト目的お断り

上記選択肢の中で、注目すべきは赤文字の「大人の交際」を選んでいるかどうかです。選んでいる女性は、ほぼサクラと判断していいでしょう。

なぜならば、世間一般的にも「大人の交際」とは、金銭授受があるエッチな交際を意味しているからです。

ただし、稀に「大人の交際」を間違って解釈している人もおり、お互いに本気にならないように気を付けながら、男女関係を楽しみたいという意味で「大人の交際」に選んでいる素人女性もいます。

因みに、私はこのような「大人の交際」を間違って解釈している素人女性と、過去1年間で3人ほどお会いしたことがありました。

【特徴⑤】「出会うまでの希望」が「まず会いたい」を選択

プロフィール項目には、「出会うまでの希望」という欄があり、下記3つから1つだけ選択できるようになっています。

・まずは会いたい
・気が合えば会いたい
・メッセージ交換を重ねてから

上記の内「まず会いたい」を選択している女性もかなりの確率でサクラの可能性が高いでしょう。もうその理由はお分かりですよね。一般の素人女性なら、他の2つのどちらかを選ぶはずですからね。

ここでの「まず会いたい」とは、サクラ女性が「早く会ってお金を頂戴!」と宣言しているに等しいと思っていいでしょう。

ただし、中には失恋などの傷心から、すぐに会って気分転換をしたいからというケースも稀にあるようですが…。

【特徴⑥】「エッチ度」と「S度」が★4つ以上

一部を除きサクラの多くは、何も自分がエッチを楽しんだ上にお金を要求しているわけではありません。エッチはあくまでもお金を得るための手段に過ぎません。

というわけで、多くのサクラ女性は短時間のエッチで効率良くお金を稼ごうと常に考えています。

そのためには、自分の言いなりになるM男性のほうが都合が良いため、自己評価をM男性と相性が良い「エッチ度」と「S度」を★4つ以上と高くしているのです。

高速の手コキやフェラ、女性上位による強引なピストン運動で、男性を一気に射精させれば、すぐにホテルを退室することができますからね。

サクラからメールが届いた際のベストな対処方法

この項目では、女性からメールが届いた際に、サクラによる金銭的被害を最小限に止められる対処方法のポイントを段階を追って挙げてみました。

【ポイント①】受信ページで写真があるメールは削除

既にお伝えしていますが、出会い系アプリ内で顔や身体の一部を写真で公開している女性は、ほぼ100%お金目的のサクラです。

そのため、受信ページで写真が表示されているメールは既読せずに削除しましょう。既読してしまうと、ついついエッチモードになって、引き込まれてしまうかもしれませんからね。

ただし、ペットや食べ物などの写真なら素人女性の可能性もあるので、一応メール内容はチェックしておきましょう。

【ポイント②】エッチを匂わすメール文章なら削除

タップしてメール文章を確認した際に、上記画像のようなエッチを匂わすメールは削除しておきましょう。

もうその理由はお分かりですよね。サクラ以外の女性なら最初からエッチ系のメールを男性に送り付けるはずはありませんからね。

ただし10〜20回程度やり取りしてからのエッチなメールなら、特別にあなたを気に入っている素人女性の可能性がありますので、その限りではありません。

【ポイント③】プロフィール内容がエッチ系ならブロック

写真がなくてメール文章にもエロ要素が前面になってない場合に限り、女性のプロフィールを閲覧しましょう。

そこまで限定的にする理由は、出会い系アプリの料金体制によっては、プロフィールを閲覧するだけでポイントが掛かる場合があるからです。

そして、閲覧して男女関係を匂わすエッチ度などが高い場合は、同じくほぼサクラですので、再度無駄なプロフ閲覧のポイント消費をしないためにブロックしておきましょう

【ポイント④】メール返信直後の連絡先交換希望はブロック

対処ポイント3つをクリアして、はじめて女性にメールします。しかし、まだまだサクラは潜んでいます。何故ならば「なんちゃって素人女性」がいるからです。

そういった隠れサクラを見分けるには、返信メールの内容から判断するしかありません。

具体的には、返信メールでいきなりまたは数回のメールやり取りで連絡先交換の希望してくる場合は、ほぼサクラですのでブロックしておきましょう。

早めの連絡先交換がサクラである理由は、金額交渉しているメールをアプリ運営者に知られたくないために、ラインやEメールなどを入手したいに過ぎないからです。

【ポイント⑤】受け答えが成立しないメールはブロック

またこれもお伝え済みですが、サクラの中にはネット上だけの「繋がり」が目的の女性もいます。

いかにもエッチ関係を思わせるようなメールをしてきますが、あなたに興味を持っているわけではなく、軽い気持ちの暇つぶしで返信しているに過ぎません。

よって会話のキャッチボールが微妙で、受け答えがキチンとできていないメールも、無駄なポイント消費をさせられる羽目になるので、ブロックしておきましょう。

サクラが多い中でもおすすめの出会い系アプリ3選

出会い系アプリのおすすめ理由で最も重視すべきは女性会員数になりますよね。何故ならば女性会員が多いとそれだけ出会える人数が増えますからね。

しかし、女性会員が多いと比例してサクラも多くなります。でもサクラとやり取りするために出会い系アプリを利用しようとされているわけではありませんよね。

そこで、そんな相反する中でも、私の経験と公表データを元に安全に利用できるおすすめの出会い系アプリ3つを素人女性が多いと思われる順にお知らせいたしますね。

【安全な出会い系アプリ①】ペアーズ

運営会社 株式会社エウレカ
会員総数 約1000万人 2020年10月
女性会員数 推定300万人 2020年10月
マッチング率 平均17%
公式HP https://www.pairs.lv/

上記グラフを見てお分かりになるように、2012年にアプリ開設して2015年あたりから急激に会員数が増加しています。

2018年8月で、累計会員数が800万人を突破して、それ以降も順調に会員数が増えており、2020年9月現在では、1000万人に達して、マッチングアプリではランキング1位を更新中です。

【安全な出会い系アプリ②】タップル

運営会社 株式会社マッチングエージェント
会員総数 約500万人 2020年10月
女性会員数 推定200万人 2020年10月
マッチング率 平均18.3%
公式HP https://tapple.me/

2016年に会員数が100万人を突破して以来、2年連続で100万人以上増加しているまさにランキング上昇中のマッチングアプリになります。

2020年には500万人を達成していますので、今もその勢いは衰えていない証拠ではないでしょうか。

【安全な出会い系アプリ③】Omiai

運営会社 株式会社ネットマーケティング
会員総数 約460万人 2019年
女性会員数 推定184万人 2019年
マッチング率 平均10.7%
公式HP https://fb.omiai-jp.com/

2017年7月に230万人を突破してから毎年平均100万人以上の会員が増え続けているランキング3位のマッチングアプリになります。

私の知人からの情報ですが、会員数ランキング1位のペアーズよりも、たくさんの女性とデートできたとのことでした。

出会い系マッチングアプリにはサクラ男性もいるようです

最後に、PCMAXという出会い系マッチングアプリで仲良くなった女性たちから聞いたサクラ行為をしていた男性3人の事例をお伝えしています。

【事例①】医師なのに医療用語を知らない男性

PCMAXで仲良くなった看護師のゆみさんから聞いたサクラ男性との出来事です。職業が医師ということで、メッセージで色々とやり取りしてみると、同じ外科を担当しているということでした。

それで興味が沸き、メッセージもとてもスマートだったので、会う約束をしたそうです。

しかし実際にお会いした際に、医療現場のあるある話をしても、基本的な医療用語を話しても、キョトンとした顔をする始末で、呆れてすぐに帰ったことがあるそうです。

【事例②】業界人なのに大物芸能人の事務所を知らなかった

PCMAXで仲良くなった主婦のかなこさんから聞いたサクラ男性の情報です。その男性のプロフィールやメッセージ内容には、「私には業界人ですよ!知り合いの芸能人がいっぱいいます!」みたいな記載があったそうです。

かなこさんはミーハーとのことで、大ファンである○○さんの裏情報や裏話が聞けるのではと思い、待ち合わせをしたそうです。

しかしその男性の口からは、週刊誌にも載っているような話ばかりで本当に芸能関係者なのかな?と疑問を抱いたそうです。

そこで大物芸能人○○の事務所は?と尋ねると、その男性は答えられなかったそうです。その後、成りすましがバレたと悟った男性は、そそくさと退散したとのことでした。

【事例③】元ホストなのに外見も会話もゲス男だった

PCMAXで仲良くなったシングルマザーのかおりさんから聞いたサクラ男性の話です。男性プロフィールにあった写真がすごくイケメンでラインでのやり取りも、次から次へと面白いメッセージで話題が豊富だったそうです。

それでお仕事は何をされているのですか?と聞くと、元ホストで今は飲食店を経営しているということでした。どんな風で楽しませてくれるのだろうかと、大きな期待を膨らませて待ち合わせをしたそうです。

しかし実際に顔を合わせると、全然イケメンでなくて会話もエッチなことばかりで、ガッカリしたそうです。男性は最後まで元ホストだといっていたようですが…。

でもどう見てもプロフィール写真とは別人だったので、多分サクラ男性であったとのことでした。因みにプロフィール写真は10年前のものだが「絶対に本人だ」と言い張っていたそうです。

まとめ

このページでは、出会いアプリに潜むサクラの正体とそのタイプと特徴、サクラに関連するデメリット、サクラへの対処方法などをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

サクラと聞くと、かなり危険な女性というイメージがあると思いますが、平常心を持って冷静に出会い系アプリを使用すれば、その危険はいとも簡単に回避できます。

事実、私はこのページでおすすめしている出会い系サイト5つを使って、毎週のように素人女性とデートできていますので、安心してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
出会いマスター

出会いマスター

出会い系歴10年以上で100人を軽く超える女性と楽しい時間を共有してきた経験を持つ自称「出会いマスター」です。マッチングアプリを通じて少しでも多くの男女に楽しくて刺激的な時間を過ごして頂きたく包み隠さず正直な出会い情報を発信中です。